シミはレーザーで治せる|痛みがないから安心

婦人

水や汗で落ちない化粧とは

化粧品

医師免許が必要な施術

化粧の手間を省きたい、すっぴんでも平気で外を歩きたいと希望する人がアートメイクをするケースが増えています。これは針で色素を注入して眉やアイラインの形をつくる施術で簡単な刺青だと考えていいでしょう。アートメイクをすれば、メイクの時間を大幅に短縮できます。またすっぴんで外出することも可能になります。大きな利点は汗をかいたり泳いだりしてもアートメイクなら化粧くずれの心配がないことです。最近は大阪でもアートメイクをする美容整形のクリニックが増えてきました。これは法的に刺青と認定されているので施術するには医師免許が必要です。エステサロンなどで行う場合は法的には違反しており資格がない人が行う施術には危険が伴います。

レーザーで落とすのも簡単

大阪などでアートメイクをする美容整形クリニックが増えたといっても地方ではその数は少ないものです。そのため地方の人は大阪や東京などの大都市でアートメイクを受ける場合が多くなっています。刺青だと認定されているアートメイクですが、実際は刺青とはかなり違っています。刺青は一生消えませんがアートメイクは数年も経つと色が薄くなっていきます。そのため定期的に施術を行うことが必要です。アートメイクを落とす場合はレーザー照射を行いますが、表皮と真皮の間に色を入れているのでそれほど難しくありません。刺青の場合は真皮の下の皮下組織に色を入れているので消すのには時間がかかります。大阪などの美容クリニックで施術する場合は一回では色が上手く入らなかったりすることもあります。そのため数週間後に検査して再施術をすることがほとんどです。